SP?クラッシク?HPBどれで作るか?

ホームページビルダーは、いろいろなホームページの作り方があります。

クラッシック
フルCSSテンプレート
ワードプレステンプレート
オリジナル・デザインを外注する
テーブルレイアウト(白紙から作る)
SP
通常
ワードプレス
その他
他社のテンプレートを使う

どれで作るのが良いか、まとめてみました。

※ホームページビルダー20を元に記事を書いています。

追記:2016/12/5
ホームページビルダー21の公式サイトで、SP、クラッシック、EC(ver.21から入ってる)について、わかりやすい記事が出ています。こちらもお読みになると参考になります。

クラッシックのフルCSSテンプレート(ホームページビルダー)

こんな人にオススメです!

  • 昔からホームページビルダーを使っている
  • 沢山のデザインから選びたい
  • テンプレートを少し改造したい

デザインと機能が豊富

一番昔からあるのがフルCSSテンプレートです。
(確かver.15の時はありました。)

テンプレートの種類(デザインや色)が、今のところ一番多いと思います。

機能も豊富で、やりたい事は、だいたいなんでも出来ます
(あくまでテンプレートの範囲の中で)

いわゆるワープロソフトに近い操作感です。

編集画面

ホームページビルダー編集画面1

編集画面は上の画像の様な感じです。

基本的な操作は古いホームページビルダーに近い(というか同じ)です。

どこでも配置モードを使うとデザインが崩れるので、標準モードで編集すると良いです。

補足

フルCSSテンプレートは、htmlとスタイルシート(css)と言う、ホームページの標準的な制作方式で構成されています。
htmlの編集も出来ます。

htmlの編集が出来るので、ホームページの裏側にも多少は自分で手を入れることが出来ます。(もちろん、その人のスキルや適性によります。)
書籍やネット上に掲載されている「ホームページのhtmlにこういう事をすると、こうなります。」、みたいなのも試してみたい人はフルCSSテンプレートをお勧めします。

スタイルシートも(決してオススメはしませんし、メーカー非推奨ですが)編集出来ます。

オリジナル・デザイン(外注する)

数は少ないですが、ホームページビルダーのクラッシックで編集する事を前提に、ホームページ制作をしてくれるデザイン事務所・デザイン会社もあります。(弊社もやってます)

こんな人にオススメです!

  • テンプレートは嫌だ(オリジナルのデザインが良い)
  • 自分で作業するのは、文章の書き換えや写真の入れ替え程度の予定

編集画面(ホームページビルダー クラッシック)

ホームページビルダーの編集画面3

オリジナル・デザインのホームページも、ホームページビルダに合わせて作れば、ビルダーで編集できます。

上の画像は、このホームページをホームページビルダーで編集しているところです。

新しいホームページビルダーでは、クラッシック(ピンクのアイコン)で編集します。
注意点としては、共通部分の同期が使えない事です。(フルCSSテンプレートだけの機能だから使えない)

デザイン品質は一番良い

ちゃんとやってくれるデザイン事務所に依頼をすれば、デザインバッチリのホームページが手に入ります。

SEOの設定もした上で納品してくれるので、検索対策の面でも安心感があります。

スマートフォン表示(レスポンシブ対応)

スマートフォン表示の対応も頼めばやってもらえます。

Google検索の検索結果順位にも、今後影響があるので、予算に余裕があるなら、スマートフォン表示(レスポンシブ)もやってもらった方が良いです。

事務所・会社によってかなり差がある

外注の場合は、外注先の話をよーく聞く、サービス内容などを確認した方が良いです。

品質やサービス内容にかなり差が出ます。

料金が安いところはテンプレートに文章を流し込んでおしまい!

・・・です。

ちゃんと依頼者の話を聞いて依頼者ごとにデザインを起こしてホームページを作ってくれる会社に依頼すると良いです。

白紙から作る(テーブル・レイアウト)

これは、むか~し、ホームページビルダーでよく使われた方法です。

今でもネット上では、時々見かけますが、オススメしません。
web制作の標準的な作り方ではない

ホームページビルダーのクラッシックで、白紙の状態から、表(テーブル)を使って、ページ全体をエクセルみたいにマスで区切って、そこに文章や写真を当てはめていく作り方です。

欠点!かなり素人チックになってしまう

エクセルチックなので、素人でも作業がしやすいですが、デザインがかなり素人チックになってしまいます。

表をマウスでドラッグするので、ページの横幅が一定にならなかったり、ホームページの周りの部分(ヘッダー、サイドバー、フッター)を手作業で1Pづつ更新しなくちゃならないので、ページごとにバラバラになってしまったケースも見かけます。

(テンプレートの場合は、「共通部分の同期」(フルCSSテンプレートの場合)で、変更を全てのページに一括で変更できるので、バラバラになってしまう事がない。)

欠点!スマートフォンに対応出来ない

これ!

勘違いされている方が多いですが、ホームページビルダーで作ればなんでもスマートフォン表示に対応する訳ではありません。

スマートフォン表示に対応させるには(レスポンシブと言います)、レスポンシブで制作しいないといけません。

で、テーブル・レイアウトは、レスポンシブにする事が出来ません。(構造上出来ない)

欠点!SEO設定がされてない(自分でする)

SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン(プログラム)に、自社のホームページをアピールする、検索結果でなるたけ上位に表示されるように、ホームページをチューニングすることです。

テンプレートは、SEOの設定がされているので、テンプレートを崩さない様に文字を入力していけば、そこそこちゃんとSEO設定がされた状態になります。

しかし、白紙から自作した場合は、SEOの設定を自分でやっていかなければなりません。

そんなわけで、数ページのホームページでしたら、テーブルレイアウトでも良いかもしれませんが・・・・。
基本的には、オススメしません。

SPの通常版(ホームページビルダー)

こんな人にオススメです!

  • 初めてホームページビルダーを買った
  • ドラッグ・アンド・ドロップの様な感覚的な操作感の方が良い
  • テンプレートのままで良い(文章が違えばよい)

今後はSPが中心かも

SPはver.19から始まった、それまでのホームページビルダーとは全く別モノのソフトです。

メーカーとしては、今後、ホームページビルダーは、SPを中心にして行きたいのだと思います。

なので、初めてホームページビルダーを買った人は、SPで始めるのも悪くないです。
おまけで付いてくる本もSPでホームページを作る方法を紹介しています。

ただし、webソフト・ライクな操作感は、好き、嫌い、が、かなり分かれます。

編集画面

編集画面は上の画像の様な感じです。

これまでのホームページビルダーとは、大分イメージが違います。
ドラッグ&ドロップで制作を進めていきます。

新しいのでデザインが少ない

残念な事にテンプレートのバリエーションがクラッシックより少ないです。

今後バージョンアップごとに増えていくのではないか、と予想しています。

補足

あくまでソフトの画面上、ドラッグ・アンド・ドロップ等の編集できる範囲で作る事になります。
(自分で、いじる、にはあまり向いてない)

超補足

SPは、オリジナルの形式で構成されています。

データのエクスポートは出来ますが、xmlファイル等で構成されています。
おそらくですが、ワードプレスの様にデザインとコンテンツを分けてデータを保存していて、ワードプレスの場合はコンテンツデータをサーバのDBに格納、デザインをサーバのテーマフォルダに格納、通常の場合はJqueryでコンテンツとデザイン部分を呼び出している様です。

SPのワードプレス クラッシックのワードプレス・テンプレート

こんな人にオススメです

  • ブログをホームページの中に入れたい
  • ワードプレスが分かる人がそばにいる
  • システムなどにアレルギーがない

注意!システムが苦手な人はやめた方が良い

ちょっと乱暴ですが、ワードプレスと言うことで一くくりにしました。

まず前提として、ワードプレスと言うシステムを、webサーバにセットしないと動かないです。

この時点で混乱してしまった人は、やめておいた方が良いです。(マジで)

苦手な人がやるんだったら、

ホームページビルダー・サービスに申し込んで、サポートしてもらいながらとか・・・。

お知り合いでワードプレスに詳しい人がいて、わからない時は助けてもらえるとか・・・。

じゃないと厳しいと思います。 これから始めるのだったらSPのワードプレスにすると良いです。

余談 ブログをやるなら、jimdo、wix、グーペ にするのも一つの方法

ブログをホームページに内包したいのであれば、
Jimdo wix(ウイックス)グーペ の様な、webのホームページ制作ソフト・サービスを利用するのも、一つの手です。

カッチリビジネス系ならJimdo
お店ならグーペ がオススメです。

おためしで無料版を使ってみて、気に入ったデザインのテンプレートがあるか?操作感はどうか?を確かめてみると良いでしょう。

確認した方が良いのは、ドメインの移管です。

  • 今使っているドメインが使えるか?
  • サービスをやめた時に、使っていたドメインをよその会社で使えるか?

この辺りは各社対応が分かれるので、事前にヘルプページなどで確認をした方が良いです。

テンプレートは、スマートフォンに対応している

ここまで紹介したSP、クラッシック、どのテンプレートもスマートフォン表示(レスポンシブ)に、対応しています。

スマートフォンで表示すると自動的にメニューやレイアウトが縦型に変更します。

他社のテンプレートを利用する

ホームページのテンプレートを販売している会社は結構あります。
html+cssの形式なら、ホームページビルダーのクラッシックで編集できる場合があります。
※ホームページビルダーで開くと、デザインがグチャグチャになってしまう場合も多いです。

テンプレートモンスター では、一部ホームページビルダーで編集できるテンプレートがある様で、説明しているページがあります。

注意点としては、共通部分の同期が使えない事。
ヘッダー、サイドバー、フッターの更新作業は、手作業になるので、ページ数が増えると作業がシンドイ。

ホームページ制作会社は、全国対応・お見積無慮
ホームページ制作会社へのお問い合わせ・お見積電話番号
ホームページの作成・制作代行のリオネル
ホームページ制作のお見積は無料です!お問い合わせフォーム
ホームページ制作会社へのお問い合わせ・お見積り電話番号
ホームページ制作会社のお問い合わせフォーム

ホームページの
制作・デザインなら!
リオネル
〒193-0933
東京都八王子市山田町1677-15-509
TEL.042-663-7094

ホームページ制作代行のリオネルfecebook

◆初めて買う人用

ホームページ・ビルダー21 バリューパック 通常版

新品価格
¥15,511から
(2016/11/29 09:35時点)

◆バージョンアップ版

◆飲食店などお店や自営業向きのホームページ

ホームページの制作会社 - リオネル> ホームページビルダー作成代行 > ホームページビルダー20は、どれで作れば良いのか?まとめ